子ども保険ガイド

育英年金について

学資保険の中の育英年金付きのものは、契約者(親)が高度の障害を引き起こしたり、亡くなってしまった際に、年金が毎年支払われるという保険です。

 

保険料を支払う義務は、契約者が亡くなることを条件になくなる設定です。

 

育英年金というのは、契約名義人である親の死亡保障が付いている子どもの学資保険と言うことができるでしょう。

 

満期に給付される保険金の他に、毎年のように支払われる年金が受けられるのです。

 

これだけを聞くと、育英年金付きの子ども学資保険はメリットの多い保障内容のように感じるでしょう。

 

欠点も当然ありますから、その点も銘記してから保険会社と契約しましょう。

 

例としては、満期時に払われる保険金が、払ってきた掛け金を下回る可能性がかなり高いようです。

 

これに加えて、契約者の親が死亡保障のある他の商品を契約している際には、保障の内容が重なってしまいます。

 

貯蓄性に目を向けた保険というより、万一のことが親に起きてしまった子どものための保険と理解しておくようにしましょう。

 

さらに受け取る育英年金は、所得税と住民税の両方の課税対象になります。

 

注意点として、毎年支払われる育英費用に関してです。

 

毎年支払われる育英年金額から費やした保険料をマイナスすることで出た額が、基礎控除として申請できる38万円を超えてしまう場合です。

 

このケースでは、所得税の支払い義務の発生のみならず、扶養控除内の「児童手当」や「医療手当」を受け取りができないといった事態に陥ることがあるので、気をつけなければなりません。