子ども保険ガイド

学資保険について

子どもが生まれるのは幸せなニュースですが、教育資金の発生は避けられません。

 

子どもの教育費用は、予想以上に、多額の費用が発生するというのが厄介なところです。

 

よく耳にする「学資保険」とは、ゆくゆくは必要な教育資金を貯蓄する目的で加入するものでもあります。

 

「学資保険」の種類に関しては、、保障型と貯蓄型の2タイプがあります。

 

保障型というのは、死亡保障や医療保障などが重視されており、子どもがケガや病気に見舞われた時にも不安なく対処できます。

 

「貯蓄型」として提供されている学資保険は、貯蓄性が追求されていて、医療保障や死亡保障などが付いていない複雑化していない保険です。

 

他の種類の保険によって医療保障に不足がなかったり、教育資金の貯金だけが目的の場合は簡易的な貯蓄タイプでも安心でしょう。

 

「学資保険」は、保険契約者である親が保険加入期間中に死亡した時には、この先に請求される予定だった保険料が免除になる良さが特徴です。

 

定期的に教育資金の確保をすることができるだけでなく、契約解除の必要が生じても、解約返戻金の支払いが行われることになっています。

 

学資保険に入ることができる歳は各保険会社独自で設定しているようですが、10歳〜12歳が上限のところがほとんどです。

 

子どもが生まれたら学資保険の契約をすることが手続き可能になります。

 

保険契約時点での年齢が低い時期ほど、月々の保険料が安くなるのです。

 

どのタイミングを満期時の支払いにするかは、自分たちに合わせて設定することができることが大きなポイントです。

 

大学に進学する時(17歳・18歳)であったり、社会人になる20・22歳の時期などといった雰囲気で選択するのです。

 

将来のためのしっかりとした学資金づくりをしておかなければならないことを考えると、できるだけ子どもが幼い間に学資保険の利用を開始することが重要だと言えるのではないでしょうか。