子ども保険ガイド

損害賠償保険について

子どもために作られた損害保険が扱われているのを聞いたことがありますか。

 

 

満19歳以下の子どもに関して親の付帯という設定で加入する場合と、子どもが被保険者という形式で加入する場合とがあります。

 

 

損害保険というのは、毎日の生活の中で予想されるいろいろなトラブルにおいて被った害を補償してもらえる保険です。

 

 

簡単に言えばショッピングの最中に商品を落として壊してしまったり、犬を連れて歩いている時に他の人を襲ってしまったりというようなことがあります。

 

相手に対して賠償が必要な問題が生じた場合に、備えることが目的の保険と捉えましょう。

 

子どもを対象にした損害保険の賠償金額は商品ごとに違いが見られますが、大概は契約を交わす保険の付帯という形になっているのだそうです。

 

現状で契約をしている保険がある場合には、内容を見直してみましょう。

 

責任を取らなければいけないようなトラブルに発展した場合には、相手と自分だけで処理をしてはいけません。

 

加入済みの保険会社へ相談しなければいけないのです。

 

連絡を忘れた場合、子どもの損害保険に契約済みでも、保険金の受け取りが不可能になってしまう場合があるので、その点を銘記しておきましょう。

 

子どものための損害保険は対象がケガだけに設定されますから、ひと月ごとの保険料は安価となっています。

 

子どもを被保険者として加入すると、申し込んだ子どもの人数分の払込保険料を支払わなくてはいけません。

 

一方、契約が親の付帯というケースでは、子どもが何人加入したかに関係なく保険料は変化しません。

 

子どもが1人だけではない世帯は、親の加入している保険に付帯させるほうが低負担ではないでしょうか。

 

保証内容を得心してから、子どもに最適な損害保険に入ることが重要です。