子ども保険ガイド

医療保険について

一人でも子どもがいると、疾病などによる費用が気になるものではないでしょうか。

 

大切な子どものケガや病気の備えが可能な保険に、医療保険があるのはよく知られています。

 

子どもの医療保険には家族特約を選択して親が契約を交わしている保険に加入する方法と、子ども一人だけで加入する方法があります。

 

家族特約で契約を交わすのでしたら保険料の支払いは1人分のみですが、子どもが被保険者にするほうを選んだ際には、それぞれに保険料の支払いが求められるようになります。

 

子どもが新規に加入しようとする医療保険には、あらかじめ定められている期間に渡って保障される定期保険や、生きている間はずっと保障が受けられる終身保険の2つが挙げられます。

 

子どもに必要な医療費は、自治体からの援助がありますので、多額の費用を準備しなくても良いと考えられます。

 

そもそも子どもが入院する確率を考えると、それは低い特徴があるとされています。

 

このような背景がある中で、子ども向けの医療保険を利用する重要性は、どの部分にあるのか知りたくなるでしょう。

 

子どもの怪我や病気は、大人の場合と違って家族が付きっきりになり、仕事の休みを申請しなければならなくなります。

 

この場合には収入が減ってしまったりするのですが、安心して家族が付き添えるように家計の損失をカバーできるという部分があるのです。

 

この種類の医療保険は、大人の加入を対象にしている医療保険よりも比較的安く、怪我のみを対象にしている「子ども傷害保険」もあります。

 

子どもを対象にした医療保険の契約を交わすなら、大人の側の医療保険をもう一度見直しておきましょう。

 

大人の医療保険の詳細を確認しつつ、掛け金なども考えて子ども用の医療保険を選んでみましょう。

 

 


医療保険について記事一覧

学資保険について

子どもが生まれるのは幸せなニュースですが、教育資金の発生は避けられません。子どもの教育費用は、予想以上に、多額の費用が発生するというのが厄介なところです。よく耳にする「学資保険」とは、ゆくゆくは必要な教育資金を貯蓄する目的で加入するものでもあります。「学資保険」の種類に関しては...

≫続きを読む

育英年金について

学資保険の中の育英年金付きのものは、契約者(親)が高度の障害を引き起こしたり、亡くなってしまった際に、年金が毎年支払われるという保険です。保険料を支払う義務は、契約者が亡くなることを条件になくなる設定です。育英年金というのは、契約名義人である親の死亡保障が付いている子どもの学資...

≫続きを読む

損害賠償保険について

子どもために作られた損害保険が扱われているのを聞いたことがありますか。満19歳以下の子どもに関して親の付帯という設定で加入する場合と、子どもが被保険者という形式で加入する場合とがあります。損害保険というのは、毎日の生活の中で予想されるいろいろなトラブルにおいて被った害を補償して...

≫続きを読む

子ども保険のいろいろ

「子ども保険」という保険タイプにも、色々な商品が提供されているのです。学資保険や医療保険といった商品は世間に浸透していますが、これ以外に「子ども総合保険」「障害保険」「海外保険」「自動車保険」なども用意されています。「学資保険」のタイプとして、貯蓄を重視したものと保障を重視した...

≫続きを読む